【映画】『スティーブ・ジョブズ(2013)』を見て【感想】

映画
Pocket

『スティーブ・ジョブズ(2013)』を見て


こんにちは映画大好きヤンヤンです。

録画しておいた映画『スティーブ・ジョブズ』を見終わりました。

これから映画の感想を書いていこうと思います。

この記事では、公開日、キャストやスタッフ、上映時間、あらすじ、感想などが書いてあります。

  • 『スティーブ・ジョブズ(2013)』を「まだ見たことない!」という人や、「見るかどうか迷ってるよ!」という人に向けて、判断の参考になればと考えています。
  • また『スティーブ・ジョブズ(2013)』は「もう見たよ!」という人とは、映画の感想を共有できればと考えています。

記事を最後まで読んで貰えたらうれしいです。

基本情報

  • 公開日:2013年1月25日
  • 上映時間:122分

スタッフ

  • 監督:ジョシュア・マイケル・スターン
  • 脚本:マット・ホワイトレイ
  • 音楽:ジョン・デブニー

キャスト

  • スティーブ・ジョブズ:アシュトン・カッチャー
  • アップル社の共同創立者の一人。

  • スティーブ・ウォズニアック:ジョシュ・ギャッド
  • アップル社の共同創立者の一人。

  • マイク・マークラ:ダーモット・マローニー
  • アメリカの投資家。創立間もないアップルに出資。アップル社の二代目CEOを務める。

  • ジョン・スカリー:マシュー・モディーン
  • ペプシコーラ社からヘッドハンティングされて、アップル社の三代目CEOを務める。

あらすじ

1974年、リード大学を退学したスティーブだが、裸足で大学内をウロウロしていた。
その後インドなどを放浪をした後、アタリ社でゲームを開発することに。
だが型にはまらないジョブズは周りとギクシャクしていた。
ある日友人のウォズニアックが作ったコンピューターに大きな可能性を感じ、自宅のガレージでアップル社を設立する。
投資家マイクの協力も得て、アップル社は大きく飛躍していく…。

感想

4.0

天才は理解不能!

これは2011年10月5日に亡くなったアップル・コンピューター創業者であるスティーブ・ジョブズの伝記映画になる。
この作品は正月にもちょっと見てたけど、全部見れなくて、ちょっと気になっていた。
今回全部見れて良かった。
ジョブズの規格外で、人間臭ささが最高に面白かった。

ジョブズの事はあまり知らないけど、特徴的な歩き方もきっと似ているんだろうな。
ジョブズは裸足で歩いてたり、風呂にも入らなかったり、150回も売り込みの電話掛けたり、障害者スペースに駐車したりとにかく変だ。
はっきり言って人間としては欠落している。
しかしそれを補ってあまりある才能がある。
ウォズニアックのボードの価値を初めて見出したのは、ジョブズだし。

ジョブズはとにかく強引だ。欲しい物はどんな者でも手に入れようとする。妥協はしない。努力も惜しまない。それはジョブズの美学に反するから。
問題はそれを他人にも強制することだ。
衝突も恐れない。友達でも容赦しない。

あとアップルでのジョブズの役割がちょっと分かりずらかった。
経営に関しては投資家たちに取り上げられ、ただ他人に文句言ってるだけだし。
プロデューサーって事で良いのかな?それと広報マン。

何にしてもこんな天才は日本では理解されないし、生まれないだろうな。
アメリカには当分敵わない。




コメント

タイトルとURLをコピーしました