【映画】『清州会議』を見て【感想】

映画
Pocket

『清州会議』を見て

こんにちは映画大好きヤンヤンです。

アマゾンプライムビデオで映画『清須会議』を見終わりました。

これから映画の感想を書いていこうと思います。

この記事では、公開日、キャストやスタッフ、上映時間、あらすじ、感想などが書いてあります。

  • 『清州会議』を「まだ見たことない!」という人や、「見るかどうか迷ってるよ!」という人に向けて、判断の参考になればと考えています。
  • また『清須会議』は「もう見たよ!」という人とは、映画の感想を共有できればと考えています。

記事を最後まで読んで貰えたらうれしいです。

基本情報

  • 上映時間:138分
  • 公開日:2013年11月09日

主なスタッフ

  • 監督・原作・脚本:三谷幸喜
  • 音楽:荻野清子

キャスト

  • 柴田勝家 役/役所広司

織田家の筆頭家老で五人の宿老の一人。通称権六。
戦場では鬼神の如き強さを見せる反面、謀略や駆け引きは苦手。
不器用だが素直で熱い性格。
織田信長の後継者を決定すべく、清須で会議を主催する。
織田家のことを第一に考えており、次男の信雄よりも優秀な三男の信孝を後継者に推している。
お市の方に恋心を抱いている。
映画では脂性持ちの側面を持ち、しっかりと磨かれた床も彼が裸足で歩くだけで脂ぎった足跡だらけになるほど。

  • 豊臣秀吉 役/大泉洋/li>

織田家の五人の宿老の一人。通称筑前、もしくは藤吉郎。
宿老としては末席だったが、光秀を討ったことで急速に発言力を高めている。
人心掌握に長け、人懐っこい笑顔を見せる内側で、手段を選ばず、己の目的のためにはなんでも利用する性格。
会議では勝家に対抗すべく、信雄を後継者に推す。
お市の方に強く憧れている。

  • 丹羽長秀 役/小日向文世

織田家の五人の宿老の一人。通称五郎左。
冷静沈着で明晰な頭脳の持ち主。会議では古くからの盟友・勝家の参謀として秀吉に対抗する。
勝家の人格を好ましく思う一方、その不器用さに一抹の不安も感じている。

  • 池田恒興 役/佐藤浩市

信長の乳兄弟。通称勝三郎。
武将としても人物としても二流で、己の出自を笠に着て威張っていたため人望も低い。
しかし、処世術には長け、勝ち馬を見抜く眼力の持ち主。
光秀の欠員を埋めるため秀吉の推挙によって宿老に引き上げられ、急遽会議に参加することとなる。
極めて打算的な人物であり、ギリギリまで去就をはっきりさせないまま会議に臨む。

  • 黒田官兵衛 役/寺島進

秀吉に仕える軍師。
秀吉の才覚に期待し、彼に様々な策を授ける。

  • お市 役/鈴木京香

信長の妹で絶世の美女。
浅井長政に嫁いでいたが、浅井家滅亡後は三人の娘と共に織田家に戻っている。
夫の長政とは深く愛し合っていたため、夫と当時十歳だった息子・万福丸を殺した兄と、その命を実行した秀吉を深く恨んでいる。
勝家、秀吉双方から好意を向けられていることに気づいており、秀吉への恨みを晴らすべく勝家を利用する。

  • 信松尼(松姫) 役/剛力彩芽

信忠の妻で、武田信玄の娘。
政略結婚ながらも、夫婦仲は良好だった。
政治の道具として嫁ぎ先と生家を転々としており、夫の死後は息子の三法師と共に清須にいる。

  • 寧 役/中谷美紀

秀吉の妻。
夫・秀吉を深く愛しているが、それゆえに彼の際限のない野心に不安を感じている。

  • 織田信雄 役/妻夫木聡

信長の次男。通称三介。どうしようもないバカ殿。
ろくに考えもせず感覚で動くいい加減な性格で、家臣からの人望も皆無に等しいが、当の本人は「うつけ」と呼ばれていた頃の父を真似ているだけで本当は自分は頭が良いと思っている。

  • 織田信孝 役/坂東巳之助

信長の三男。通称三七。
本来信雄より先に生まれていたが、母方の血筋が卑しかったため三男とされている。
次兄信雄よりもはるかに文武に優れて聡明だが、プライドが高く、長兄の信忠に比べると器は小さい。

あらすじ

天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長(篠井英介)がこの世を去ってしまう。
明智光秀を討った羽柴秀吉の権勢は勢いを増すばかり。
秀吉に脅威を抱いた長秀は、勝家を焚きつける。 信長の後継者や領地配分を決めるため、清洲城で「清須会議」が開催されることになる。 前田利家ら(浅野忠信)を引き連れて、意気揚々と清須にやってきた筆頭家老の柴田勝家(役所広司)。
到着するなり、思いを寄せる信長の妹・お市の方(鈴木京香)に会いに行きます。
丹羽長秀(小日向文世)と勝家は、信長の三男でしっかり者の信孝(坂東巳之助)を後継者にと考えていました。 一方、明智光秀の首をとり、織田信長の敵を討って調子に乗る羽柴秀吉(大泉洋)も清須に到着します。
そして勝家と同じく、想いを寄せるお市の方のところへ真っ先に出向く秀吉ですが、夫や息子を殺され恨みを持つお市の方から毛嫌いされ、贈り物を目の前で池に捨てられてしまいました。
意気消沈する秀吉は、勝家が信孝を推していると聞き、次男の信雄を推そうします。 お市を勝家に取られた秀吉は、お市同じく織田家の一門で重鎮である、信長の弟の三十郎(織田信包)に擦り寄っていきます。 次男で大うつけ者と噂される織田信雄(妻夫木聡)を後継者として推薦しようと考えます。
秀吉が、後継ぎとしてふさわしくない信雄を後継者に推したのには、深いわけがありました。実は家臣として織田家に付き従うのではなく、織田家を乗っ取り、自らが天下統一をはたそうともくろむ秀吉。 そして勝家と同じく、想いを寄せるお市の方のところへ出向く秀吉ですが、夫や息子を殺され恨みを持つお市の方から毛嫌いされ、贈り物を目の前で池に捨てられてしまいました。
ネタバレ↓

準備中

感想

三谷らしいコメディ

5.0
思ったより面白い!

かけっこなどフィクションだと思ったほうが良い。

少年勝家

お市に片思いする勝家。
秀吉を追いかけまわす勝家
長秀にへそを曲げる勝家
まるで中学生そのもの。
さすが名優・役所広司と言ったところでしょうか。

したたかな秀吉

大泉洋演じる秀吉は、コントみたいで、初めて見て時は「これはない!」と思いました。
ただ見続けていたら気にならなくなってました。
したたかな秀吉を上手く演じていたと思います。

良くも悪くも三谷作品

良くも悪くも三谷作品。
デフォルメされていて、熱心な歴史ファンが見たら怒るかも知れません。
ただそれでも三谷作品にしては大人しめだと思います。

まとめ

清須会議という地味な題材を、三谷流におもしろく仕上げたと思います。
清須会議をすでに知っている歴史ファンも、清須会議をまったく知らなかった人も楽しめる作品になってると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました